2006年01月12日

衛星で見る金正日政治軍事大学

kimuni10.JPG

kimuni2.jpg

金正日政治軍事大学は赤い印を付けた所でここでは日本人が
拉致されて教官などとして働かされていたという。
平壌北部であり北朝鮮の中枢だ。
この付近には対日工作作戦本部や対外情報調査部訓練所や
偽札のための工場がある。
そして周りには非常に空港が多く存在する。
警戒も厳重だろう。
ここら付近に拉致者がいると思われるが進入はきわめて困難だと思う。


kimuni30.JPG

この金正日政治政治大学でいろいろなドラマが展開したと思われる。
拉致者の中には日本語の教官にならされたものもいると聞く。
既に日本で違和なく活動している北朝鮮工作員なども
この大学で勉強して対日工作作戦本部などで司令を受けて
日本に工作船などに乗り込んで潜入しているのだろう。
そしてそれを在日北朝鮮人がバックアップしている。
それが現状だろう。

kim1tokukaku.jpg

少し西にいくと金正日のための街の特閣が存在する。
ここは元々は金日成の別荘地であった。
ここには金正日のための鉄道が存在すると言う。
部外者(特に外国人)が入れば問答無用で処刑になるのではないのだろうか?
ここには金正日のためのさまざまな施設がそろえられているという。
普段はおそらくここに滞在しているのだろう。
喜び組などで待機しているのだろう。

追伸
間違いがあれば指摘してほしい。

northkoreadoom2.jpg
northkoreadoom1.jpg


ヒョンヤンのドーム



reikoenzetu2.gif


■大日本帝國軍と明治天皇の友情
●西太后の清軍&義和団VS日本帝國軍
★日本が李氏朝鮮の奴隷を解放した!
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp
posted by nippon_777 at 02:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

●西太后の清軍&義和団VS日本帝國軍

womennude110.gif

reikosekiouen2.gif

■大日本帝國軍と明治天皇の友情
●西太后の清軍&義和団VS日本帝國軍
★日本が李氏朝鮮の奴隷を解放した!
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp
http://www.geocities.jp/ggg_nihon/

長編テレビ番組ギャオ
http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0000602/
西太后の紫禁城 (興味のある人にはお奨め)
西太后がベンツに乗る場面や珍姫や光緒帝の物語ありかなりの長編。
愛刀物語の義和団の事件と兼ね合わせてみると面白い。

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0000601/
雍正帝

■注意事項
衝撃の映像を含むため18歳以下と心臓が悪い者や精神的に弱い人間は
麗妃と忍者特殊部隊の章(二部の三章と七章)は閲覧禁止。
免責事項
上記写真閲覧による精神的な損害に関する責任は作者は一切負わない。
個人の責任により閲覧すべき。
推奨解像度 1024×768以上

ショートフラッシュ&ムービー

金玉均 動く
http://www.geocities.jp/ggg_nihon/p/n6.swf
達磨にされた麗姫
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp/p/ani5.swf
女刺客!大山の命を狙う
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp/p/ani8.swf
日本陸軍のドイツ偵察
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp/p/ani91.swf
上海租界の結婚
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp/p/Wed20.wmv

ranseitaigoutv2.gif

ギャオで西太后のTVの配布が中止となった。
また政治絡みの何かがあったのだろう。
どこからの圧力かは知らないが、一時は延期したはずの西太后が見れないのは残念。
歴史問題を考える上で西太后は日清戦争の背景を考える上で重要な要因で
あるのは間違いない。
日本も歴史上の一部の過失は認めているのだから中国も隠蔽はよくないと思う。

今日の平壌(ピョンヤン)

todaypyongyong12n1.jpg


todaypyongyong12.jpg


ヒョンヤンにも少しは車があるようだ。
いずれにせよ、国連に身を委ねた方がいいと思う。

posted by nippon_777 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。